So-net無料ブログ作成

定植後5週目のミニトマト [ベランダ菜園(トマトとハーブの寄せ植え)]

定植から5週経ち、ベランダのプランター菜園のミニトマト&中玉トマトはぐんぐん大きくなっています。

前にも書きましたが、教科書から外れ、脇芽の一部を残してかなり茂らせております。
基本は、第1房の直下とその下の脇芽を伸ばして3本仕立てにしています。

似たような方法が紹介されているのを見つけました。
ミニトマトの収穫量を1.5倍にする2本仕立て(リンク)』
要は、上のリンクにある2本仕立てのもう一つ下の脇芽も伸ばして3本仕立てにしているんです。

更に、3本それぞれの枝は、連続摘芯栽培で育てます。つまり最初の脇芽を伸ばし、主枝は2房で摘心します。伸ばした脇芽は最初の脇芽を伸ばし、2房で摘心を繰り返すのです。詳しくは、下のリンクでご覧ください。
82歳の直売所農法 トマトの連続摘心栽培で収量2倍(リンク)』

2本仕立て(私は3本仕立て)も連続摘心栽培も収量増が見込めるのですが、①ベランダの日当たりが良い。②種類1鉢なので目が行き届く。③毎日朝晩2回の水やりを欠かさない。④十分な堆肥と追肥+液肥による追肥を適度に行うことで、3本仕立て×連続摘心栽培でも十分甘い実ができると考えています。
実際、プランター栽培でも1つの苗から数百個の収穫が可能です。

まあ、そんな話は置いておいて、定植5週を超えたミニトマト達をご覧ください。
まずはフルティカ。
ベランダ菜園0010.JPGベランダ菜園0011.JPG
 
シュガーミニは、こんな感じ。
ベランダ菜園0014.JPGベランダ菜園0015.JPG

これが、甘~くとろけるミニトマト つやぷるん。
ベランダ菜園0012.JPGベランダ菜園0013.JPG

摘んだ脇芽は、差し芽しているので、今育っている苗に何かあっても大丈夫♪
ミニトマトのこの手軽さが大好きです♪

日に日に実が大きくなってきますが、食べ頃まではまだまだ。はやく食べたいな~。

我が家の土は、簡単なのでこれをベースに元肥も追加しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。